佐伯かずみ(佐伯加寿美)のプロフィール

1959 年生まれ。実践女子学園中・高校、成蹊大学文学部卒業。
結婚後転勤族、東京~神奈川~岡山~群馬~そして30年前に大宮に。
専業主婦として、2人の息子(芝川小・第2東中)を育てる。その後パート・アルバイトを経て、さいたま市生涯学習総合センターで社会教育指導員。その後、公募でさいたま市内野公民館館長。
その後、国立女性教育会館で、男女共同参画に関わる研修の企画運営に携わる。趣味のインディアカから、国際審判員。現在は早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師。防災士、障がい者スポーツ指導員(中級)、日本卓球バレー協会国際普及委員。
埼玉県生涯学習審議会委員、さいたま市スポーツ審議会委員、さいたま市公民館運営審議会委員長など。

2019年統一地方選挙で当選し、さいたま市議会議員1期目。
現在さいたま市議会では、保健福祉副委員長、グランドセントラルステーション化構想特別委員会委員。

私を語る時にはずせない、「インディアカ」を紹介します。~趣味から広がった世界~

私が手に持っているのが「インディアカ」ボールです。ネットをはさんで4人対4人で手で打ち合うバレーボールのような競技です。

【インディアカとの出会い】
長男が大宮市立芝川小学校に入学した時、私は引っ越して来たばかりで誰も友達がなく、そこで入ったのがPTAのママさんインディアカクラブでした。初めて触れたスポ―ツ、汗をかく爽快感にすっかりのめりこみ、プレーヤーだけで飽き足らず、国際審判員を取得、ボランティアで国際大会に審判員として参加(ドイツ、エストニア、ルクセンブルグ、日本大会など)

 

 

 

 

 

 

 

【男女共同参画との出会い】
埼玉県インディアカ協会の競技部長の時に、すべての女性が楽しめるようにと私は「輝いている女性(ひと)に人が集まる」をスローガンに「オール埼玉レディース大会」を創設しました。その中で、小さい子どもを持つママたちが子連れでも安心して大会に参加できプレーができるようにと、会場内に託児施設の設置を理事会で提案しました。すると女性理事から「三つ子の魂百までも、子どもを預けてプレーするなんて」「私はもっと子どもが大きくなってから好きなことを始めた」という意見が出て、なぜ子どもを持つ母親が自分の楽しみをしてはいけないのだろうか、これをきっかけに、「男女共同参画」の勉強を始めました。
この時の学びが今の私の根幹を作っています。社会の中での女性の生きずらさ、経済格差、隠れた思い込み、ハラスメントなど政治家となった今も取り組んでいる問題です。

【障がい者との出会い】
また、インディアカ愛好者の中に聴覚障がい者のプレーヤーがいたことから、どのようにしたら大会が楽しめるか、大会会場に手話通訳を配置したりハンドシグナルを大きくわかりやすくと工夫しました。障がい者スポーツ指導員(初級、中級)の資格を取得し、多方面の障害特性について学び、何よりも心のバリアフリーが大切だと気付きました。現在は障がいの有無にかかわらず、多世代で、誰もが楽しめるユニバースポーツである卓球バレーを普及しています。

【学生との出会い】
早稲田大学スポーツ科学部ではインディアカを教えています。毎年若い人たちと授業で触れあい、彼ら彼女らの意見や話を聞くことはとても新鮮で楽しいですし、自分の考えも広がります。また、14年前初めて受け持った学生の中にトランスジェンダーの学生がいて、彼とのつながりも私の学びになりました。いまでこそLGBTQの認知度は高まりましたが、当時はまだ学籍名簿も男性と女性の性別が記載され、彼に出会ったことでこの問題と初めて向き合いました。
これらのことがすべて積みあがって、私が目指している「性別、年齢、障がいの有無、国籍に関わらず誰もが参画できるチームさいたま市をつくる!」につながっています。

好きな色:オレンジ ≪アルディージャ応援≫
好きな食べ物:おせんべい、みたらし団子(実家の隣が煎餅や、その隣が餅菓子屋で小さい頃から食べていたので)おいしいおせんべいをぜひ教えてください。

立候補のきっかけ

2018年まで私は国の機関である国立女性教育会館で働いていました。ここでは国の施策を市民の方に伝える立場にいましたが、その施策が市民の感情や意識とずれがあるのではないかと次第に感じるようになっていきました。もっと市民一人ひとりの声を聴き、拾い上げていかなくてはいけない、国の施策を伝える側でなく、市民の声を国に伝える側の人になりたいと強く感じるようになりました。
また今の政治が本当に必要な人に届いていないのは、一部の裕福な男性が政治の中心に多いからではないかとも思いました。政治はくらし、まちの半分は女性です。だとしたら政治の世界もパリテ(男女半々)!2018年5月に政治分野における男女共同参画推進法、候補者を男女半分ずつにしましょうという法律ができました。せっかく法律ができたのに、女性の立候補者が足りないと聞き、それならば私が挑戦してみよう、と感じ立候補を決意しました。
でも私は、女性のみならず、いろいろな方が、自分事として考えられるような多様な視点が政治に入ることが必要だと思っています。

なぜ立候補しようと思ったのか?気になる方はこちらの動画へアクセス

 


 

佐伯かずみの政策

みんなでチームさいたまをつくろう!
あなたの声を届けていきます!


私は趣味で30年間インディアカ(※1)というチームスポーツをしています。チームは一人ひとりの持ち味を生かして全員が参画していくことが面白いところです。133万人さいたま市民、あらゆる年代、性別、障がいに関わらず、一人一人が持ち味を生かして、全員が必要とされている大切なメンバーとして参画できる「チームさいたま」をみなさんと一緒につくりたいと思います。
そのためにはみなさんの声をお聞かせください。
みなさんの声を届けていきます。

8つの「チームさいたま」

①居場所づくり
ご縁を作るにはまずは居場所づくりから。特に市内の中学校区に一つある公民館は誰もが出入り自由な空間。子ども食堂やフードパントリーの開催、不登校児童生徒、障がい者の方々、子育て中の保護者、高齢者誰もが来られるコミュニティづくりを。そしてちょっと困ったときにもここに相談したら解決の糸口が見つかるようなそんな居場所を作っていきます。

②学びでつなげるコミュニティ
市内60の公民館、20のコミュニティセンターを活用して誰もが学べる環境整備、学びを通じてチームさいたま市の一員として参画できる人づくり・地域づくりを推進。オンライン講座で働く人でも、小さい子どもを抱える方でも、誰もが学べるよう、wifiの全館設置とオンライン講座ができるよう職員全員の端末配備を要望しています(令和4年にやっと11の公民館にwifiが設置されます)。

③女性が定住できるさいたま市に
特に若い女性が、非正規ではなく希望する方には正規職として働けるける雇用環境の整備、保育園の待機児童はやっとゼロとなりましたが、引き続き子育て支援策、緊急時保育制度の確立を目指していきます。また、50代以上の女性の正規職への再就職支援。女性による女性視点でのまちづくりの策定を提案していきます。

④ 男性の地域参画
育児・介護休業法の改正に伴い、男性も休業が取りやすい働き方をまず足元のさいたま市から提案。複業や社会貢献・ボランティアなどで定年後のソフトランディングと生活の充実を。男性も女性も働きやすく暮らしやすいさいたま市に。

⑤災害に強いさいたま市
防災士をしていますが、避難所運営委員会の女性比率はたったの10%。災害になったときにしわよせがくる女性や子ども、高齢者の視点に立った防災計画が必要。男女共同参画の視点に基づいて見直しを行っていく。

⑥スポーツ、文化・芸術でつなげるさいたま市
性別・年齢・障害の有無、国籍に関わらず誰もが楽しめる環境づくり、コミュニティづくりを促進。単なるイベントだけの自転車レースや芸術祭ではなく、市民に根付いたものにしていくため草の根、市民目線からの文化振興が必要と考え進めていきます。

⑦コミュニティの再生

さいたま市に今必要なのは「ゆるやかなコミュニティづくり」!
さいたま市は全国平均よりも核家族化が増えており、また65歳以上の単身世帯がここ10年で1.3倍になっています。

さいたま市 65歳以上の単身世帯(%)(国勢調査より)
平成22年 平成27年 令和2年
7.4 9.2 9.6

単身高齢者世帯がどんどん増加しています。上の表はさいたま市の平均ですが、大宮区は令和2年度は9.8%です。このコロナ禍でなかなか外出できない、人とのお付き合いが希薄化するなど孤立化が問題となっています。小さいところからのコミュニティの再生が必要不可欠です。

⑧移動支援の推進
私はいま、バスが減便された、免許返納した、足腰が弱くなりでバス停や駅が遠くて歩くのがしんどい、そういったお悩みを抱えていらっしゃる方から相談を受けて、移動支援の方法をさがすべく、地域の方々と一緒に勉強会を開催し、行政の方を交えて、また現地に視察にいったりしています。ご興味のある方、一緒に考えませんか。

インタビュー記事が掲載されています。

〇朝日新聞DIGITAL(2018年11月18日)
「おなごの議員もいないとダメだあ」女性ゼロ議会に変化 https://www.asahi.com/articles/ASLCK4WJCLCKUTIL017.html

〇東京新聞12版朝刊2面2ページ(2019年4月17日)
「女性出馬 決断を後押し」
http://parity-academy.org/images/media-publications/2019/0427/01.pdf

佐伯かずみ新聞掲載記事

〇埼玉新聞(2022年2月16日)
汚物入れを男性トイレに さいたま市、18施設に設置へ 病気で必要な人が…市「早い段階で検討進めたい」
https://www.saitama-np.co.jp/news/2022/02/16/12_.html

〇東京新聞 TOKYO Web(2022年3月5日)
花を手にウクライナ侵攻に抗議 浦和駅前フラワーデモ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/163771

〇朝日新聞DIGITAL(2022年5月15日)
男性用トイレにもサニタリーボックス 膀胱がんや加齢による尿漏れ
https://www.asahi.com/articles/ASQ5G72CVQ59UTNB00B.html

〇47NEWS(2022年6月2日)
「実は自分も尿漏れ」困っている男性が続々 男子トイレにサニタリーボックス設置の動き 呼びかけてくれたのは女性
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb22fa9dbbfc1ee493339e1b1433985bc2c84a0a

 

佐伯かずみYoutubeチャンネルはこちらから