佐伯かずみってどんな人?

プロフィール

1959 年生まれ。実践女子学園中・高校、成蹊大学文学部卒業。
東京~神奈川~岡山~群馬~そして28年前に大宮に。
転勤族の妻、専業主婦、2人の息子(芝川小・第2東中)を育てながら内職・パート。

学びと障がい者スポーツの推進

人のご縁がつながり、10年前にさいたま市生涯学習総合センターの社会教育指導員として採用される。
その後、公募の館長試験を受験し、初代さいたま市内野公民館館長に。その後、国立女性教育会館に就職。事業課専門職員として研修の企画運営に携わる。
現在は立憲民主党市政担当(大宮区)政策委員、早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師。埼玉県生涯学習審議会委員、さいたま市スポーツ審議会委員を歴任。障がい者スポーツ指導員、日本卓球バレー協会普及委員。

趣味のインディアカから広がる世界

芝川小PTAで初めて触れたスポ―ツ、インディアカの楽しさにのめりこみ、プレーヤーだけで飽き足らず、国際審判員を取得、ボランティアで国際大会に参加している。
また県協会競技部長の時に、すべての女性が楽しめて輝ける大会を目指し「輝いている女性(ひと)に人が集まる」をスローガンに「オール埼玉レディース大会」を提案。
その際、小さい子どもを持つママたちが安心してプレーできるようにと会場内に託児施設の設置を理事会で図ると、女性理事から「三つ子の魂百までも、子どもを預けてプレーするなんて」「私はもっと子どもが大きくなってから好きなことを始めた」という意見が出て、これをきっかけに、男女共同参画の勉強を始める。男女共同参画の学びは「さいたま市親の学習」プログラム作り、公民館での講座づくりに活かされている。

また、インディアカに障がい者のプレーヤがいたことで、どのようにしたら楽しめるかを考え、障がい者スポーツ指導員(初級、中級)の資格を取得。現在は障がいの有無にかかわらず、多世代で、誰もが楽しめるユニバーサルデザインスポーツを普及。

好きな色:オレンジ ≪アルディージャがんばれ!≫

好きな食べ物:おせんべい、みたらし団子(実家の隣が煎餅や、その隣が餅菓子屋でした)
おいしいおせんべいをぜひ教えてください。

政治への想い

私は国の機関にいて、国の施策を市民の方に伝える立場にいましたが、その施策が実際には市民の感情や意識とずれがあると次第に感じるようになっていきました。そしてもっと市民一人ひとりの声を聴き、拾い上げていかなくてはいけない、市民の声を伝える側の人になりたいと強く感じるようになりました

また今の政治が本当に必要な人に届いていないのは、一部の裕福な男性が政治の中心に多いからではないかとも思いました。世の中は半分が女性、だとしたら政治の世界もパリテ(男女半々)!5月に政治分野における男女共同参画推進法ができたことは画期的なことです。でも女性の立候補者足りないと聞き、だったら私が挑戦してみよう、そう思いました。そして女性のみならず、自分事として物事を考えることができるよう、多様な視点が政治に入ることが必要です。

 

〇朝日新聞DIGITAL(2018年11月18日)にインタビュー記事が掲載されています。
「おなごの議員もいないとダメだあ」女性ゼロ議会に変化https://www.asahi.com/articles/ASLCK4WJCLCKUTIL017.html