さいたま市市議会議員大宮区 佐伯かずみ(佐伯加寿美)プロフィール

1959 年生まれ。実践女子学園中・高校、成蹊大学文学部卒業。
東京~神奈川~岡山~群馬~そして28年前に大宮に。
転勤族の妻、専業主婦、2人の息子(芝川小・第2東中)を育てながら内職・パート。

学びと障がい者スポーツの推進

人のご縁がつながり、10年前にさいたま市生涯学習総合センターの社会教育指導員として採用される。
その後、公募の館長試験を受験し、初代さいたま市内野公民館館長に。その後、国立女性教育会館に就職。事業課専門職員として研修の企画運営に携わる。
現在は立憲民主党市政担当(大宮区)政策委員、早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師。埼玉県生涯学習審議会委員、さいたま市スポーツ審議会委員を歴任。障がい者スポーツ指導員、日本卓球バレー協会普及委員。

趣味のインディアカから広がる世界

芝川小PTAで初めて触れたスポ―ツ、インディアカの楽しさにのめりこみ、プレーヤーだけで飽き足らず、国際審判員を取得、ボランティアで国際大会に参加している。
また県協会競技部長の時に、すべての女性が楽しめて輝ける大会を目指し「輝いている女性(ひと)に人が集まる」をスローガンに「オール埼玉レディース大会」を提案。
その際、小さい子どもを持つママたちが安心してプレーできるようにと会場内に託児施設の設置を理事会で図ると、女性理事から「三つ子の魂百までも、子どもを預けてプレーするなんて」「私はもっと子どもが大きくなってから好きなことを始めた」という意見が出て、これをきっかけに、男女共同参画の勉強を始める。男女共同参画の学びは「さいたま市親の学習」プログラム作り、公民館での講座づくりに活かされている。

また、インディアカに障がい者のプレーヤがいたことで、どのようにしたら楽しめるかを考え、障がい者スポーツ指導員(初級、中級)の資格を取得。現在は障がいの有無にかかわらず、多世代で、誰もが楽しめるユニバーサルデザインスポーツを普及。

好きな色:オレンジ ≪アルディージャがんばれ!≫

好きな食べ物:おせんべい、みたらし団子(実家の隣が煎餅や、その隣が餅菓子屋でした)
おいしいおせんべいをぜひ教えてください。

政治への想い

私は国の機関にいて、国の施策を市民の方に伝える立場にいましたが、その施策が実際には市民の感情や意識とずれがあると次第に感じるようになっていきました。そしてもっと市民一人ひとりの声を聴き、拾い上げていかなくてはいけない、市民の声を伝える側の人になりたいと強く感じるようになりました

また今の政治が本当に必要な人に届いていないのは、一部の裕福な男性が政治の中心に多いからではないかとも思いました。世の中は半分が女性、だとしたら政治の世界もパリテ(男女半々)!5月に政治分野における男女共同参画推進法ができたことは画期的なことです。でも女性の立候補者足りないと聞き、だったら私が挑戦してみよう、そう思いました。そして女性のみならず、自分事として物事を考えることができるよう、多様な視点が政治に入ることが必要です。

 

みんなでチームさいたまをつくろう!

 私は趣味で25年間インディアカ(※1)というチームスポーツをしています。チームは一人ひとりの持ち味を生かして全員が参画していくことが面白いところです。
130万人さいたま市民、あらゆる年代、性別、障がいに関わらず、一人一人が持ち味を生かして、全員が必要とされている大切なメンバーとして参画できる街、居場所がありつながっていくことのできる街、そんな「チームさいたま」をみなさんと一緒につくりたいと思います。

※1インディアカとは特殊なボールを使って、ネットを挟んで4人対4人で3回以内で打ち返すバレーボールタイプのゲームでドイツが発祥。日本では40年前に協会ができた。

さいたま市に今必要なのは「ゆるやかなコミュニティづくり」!
さいたま市は全国平均よりも核家族化が増えており、また65歳以上の単身世帯がここ10年で1.7倍になっています。

さいたま市の核家族世帯の割合
平成17年 平成22年 平成27年
さいたま市 64.1 60.9 60.2
全国平均 57.7 56.3 55.8

※単位:% ※国勢調査より

さいたま市 65歳以上の単身世帯(%)
平成17年 平成22年 平成27年
5.8 7.4 9.2

※単位:% ※国勢調査より

 

7つの「ご縁コミュニティ」

① コミュニティカフェ構想

多世代、多様な人、誰もが集え、自分の持ち味を出せる場づくり(空き家の活用)。子ども食堂、学童に入れない児童の受け入れ、子育て中の保護者、高齢者みんなが集えるコミュニティ。

② 女性が定住できるさいたま市に

20代~40代では、非正規採用を減らし正規職の雇用を増やし、子育て支援策、緊急時保育制度の確立。50代以上の女性の正規職への再就職支援。女性によるプロジェクトチームでまちづくりプランの策定。

③ 学びでつなげるコミュニティ

市内60の公民館、20のコミュニティセンターを活用して誰もが学べる環境の整備、学びを通じてチームさいたま市の一員として参画できる人づくり・地域づくりを推進。

④ 男性の地域参画

仕事と家庭と地域社会とのつながりのバランスよく組み合わさった働き方の改革を実現。「平日昼間問題」の解消。

⑤ 災害に強いさいたま市

地域防災計画を男女共同参画の視点に基づいて見直し、計画を第2・第3公園を活用し実行する。

⑥ スポーツ・文化・音楽でつなげるさいたま市

老若男女、障がいの有無にかかわらずスポーツ、多様な文化・音楽を楽しめる環境づくり、コミュニティづくりを促進。

⑦ 地産地消の推進

コミュニティカフェ構想と連動し伝統産業や農業の価値の創造。

インタビュー記事が掲載されています。

〇朝日新聞DIGITAL(2018年11月18日)
「おなごの議員もいないとダメだあ」女性ゼロ議会に変化 https://www.asahi.com/articles/ASLCK4WJCLCKUTIL017.html

〇東京新聞12版朝刊2面2ページ(2019年4月17日)
「女性出馬 決断を後押し」http://parity-academy.org/images/media-publications/2019/0427/01.pdf

市民の声~佐伯かずみに伝えたいこと~

 

 

 

 

 

 

立憲民主党ホームページ
https://cdp-japan.jp/